DVDにコピー

DVDにコピーして保存する

DVDコピーサービスを利用するにあたっては、いくつかの条件があります。 地上波デジタルのテレビ番組のコピー、市販されているDVDソフトからの コピー、その他公序良俗に反する内容が収められたメディア、などです。 これ等はどの業者様でも扱ってもらえませんので注意が必要です。 ではどんな物であれば大丈夫なのでしょうか。 ご自分、または会社・団体などで独自に作成された映像や音声。 あくまで個人で楽しむ為のVHSやベータなどのビデオテープからのダビング。 その他8ミリ、8ミリビデオ、などの映像関連メディアです。 DVDコピーサービスでは、上記の各種メディアに対応していますが、ご自分 が保管してあるメディアがDVDコピー出来るかどうか、事前に確認する事を お勧めします。

どのような肯定を踏むのでしょう

実際にDVDコピーサービスを行なっている業者様では、どのような工程を踏んで DVDにしているのかと申しますと、全ては一旦デジタルデータに起こします。 例えばVHSビデオテープでしたら、デッキで再生しながら、その映像と音声を パソコンなどに送り、パソコンでは専用ソフトを用いてデジタル処理して行き ます。 そして、全ての内容の処理を終えましたら、次にDVD用のフォーマットにする 作業に入ります。 これは、ディスクをDVDプレイヤーに挿入した時に、自動的に再生出来るように する為の作業で、これもパソコンで行います。 つまり、お手持ちのメディアから一旦取り込んだデータは、以降全てパソコン上 で行ないます。 これらの作業はフリーソフトなどを用い、ご自分のパソコンでも行なう事が 出来ますので、もしそうなさる場合はDVDコピーサービスを利用する際に相談 してみてください。 「ここからは自分でやりますのでここまでお願いします」 と言う感じで相談されてみてください。